2016年07月27日

めだかちゃん 滅亡の危機




みなさま ナマステ(^人^)


さて ヒマラヤの詩のメダカちゃん 滅亡の危機…(´・_・`) でございます…(u_u)

去年の夏に妹ん家から送られてきたシラスよりちっちゃかったメダカちゃんたち

店内に居ても水槽の表面も凍る冬をやっと超えて 生き残ったのは ちょっと体の小さいのが一匹と普通のサイズに成長した3匹 全部で4匹でした

春になり 早々に外に火鉢を出して水を貯めて放してあげました

ホテイソウを浮かしたり水の中にも緑が豊富になってくると それはそれは大喜びで こっちもうれしかったのですが…

夕方になると 外で草取りをしている店主に ピチャピチャピチャピチャっと聞こえてくる音

そーーーっと静かに立ち上がって見ると ちっちゃな犬が背伸びをしながらそのメダカさんの棲む火鉢の水を飲んでいるのです

「はて?あたいはいつから犬を飼っていたかな?」っと考えていると お腹がいっぱいになったのか タッタラーとスキップでもしてるかのように楽しげに走り去る 「それ」は 子ダヌキでした

その子ダヌキが水と一緒に飲んでしまったのか 鳥さんに食べられちゃったのか ある日突然 いちばん成長が遅かった小さいメダカちゃんが 忽然と姿を消したのです

そして その「たぬさん」(来るたびに名前を呼んでいたら自分が「たぬさん」だと覚えて 呼ぶと来るようになったので店主は感動していたのですが…)も庭に来なくなったのです…(´・_・`)

それからとゆうもの 毎朝 メダカちゃんにご飯をあげるたびに「点呼」を欠かさずしていたのですが

今朝 点呼をすると1匹たりない…(´・_・`)

とうとう 2匹だけになってしまいました…(u_u)

そして 1匹はずっと前にメダカ母さんがお腹がパンチクリンに膨らんで ダルマメダカのようになってしまたように 同じくなってしまっています…(u_u) 泳いでる姿を上から見ると黒メダカなのでオタマジャクシみたいです…(u_u)

(好きな相手が見つからず産みたくても産めない卵がお腹にたまっていくのでそうなっちゃう病気?なのだそうです…)

どなたかお近くの方 メダカさんを8匹ほど譲っていただける方はいらっしゃいませんでしょうか?

posted by ヒマラヤの詩 at 13:30| 長野 ☔| 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒマラヤの詩

Ason Spice-Market