2016年02月04日

土・日だけの 「ダルバートタルカリ」



みなさま ナマステー(^人^)


さてさて ヒマラヤの詩でも ダルバートタルカリ 1500円 (チキンの定食・小さいマサラ茶付き ・ベジは1300円) はじまるよー!


(見切り発車的…ですけど…実際今あるメニューの仕込みの合間にどれをどうやってやっていったらいいのか考えすぎて不安ではげそう…始まってから あ!ダル作るの忘れてる!…とかなりそう…)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*木曜日午後5時までにメールで予約(ヒマラヤの詩からの返信をもって予約完了です) お席の予約はできませんのでご了承ください


「名前・当日連絡のつく携帯電話番号 ・来店の人数・ダルバートタルカリ チキン◯食 ベジ◯食」をメール【himalayanouta@gmail.com】宛にお願いします
返信は木曜日の夜中あたりになります

*限定1日5食!(いまのところ…のちのち調子が出てきたら増やせるかもしれません)

*スパイスなどにアレルギーのある方 食べ物の好き嫌いのある方はご遠慮ください

*冬は除雪が間に合わないことや悪天候で道の状況やらが悪いこともあります 店主も助けには行けませんし 自力でたどり着ける能力 服装 装備のできる方をお待ちしております

*キャンセルのお電話は AM8:30-PM12:30までにお願いします(その日キャンセルが出た分は来店いただいている他の方にご案内します)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ネパールの人が 毎日食べる 「ダルバートタルカリ」(店主もネパール行ってる間は毎日食べる)

バート=ごはん
タルカリ= 野菜(ジャガイモやらの炒め煮)
ダル = 豆汁(お豆でつくるお汁 スパイスはほとんど入らない)
アチャール=漬物的(又はトマトソース的なものだいたい酸っぱ辛い)
サーグ=菜っ葉の塩味の炒め物 
マス= お肉のスパイス炒め

っとゆうものを グチャグチャと混ぜて食べる 「お汁かけ混ぜごはん」です

日本の「カレー」らしき味はございません

でも 日本人の口にとても合う味つけです!

ヒマラヤの詩のごはんは お父さまが戸隠の田んぼで作る戸隠米を使います (バスマティライスなどがお好みの方はご遠慮ください)


↓ こんな感じになりますー!

296A63AD-86BD-4197-AB90-DBA7C920CDF0.jpg*画像はイメージです


では お待ちしておりますー!

ナマステー(^人^)
posted by ヒマラヤの詩 at 17:10| 長野 ☀| おしらせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒマラヤの詩

Ason Spice-Market