2011年10月09日

生き神さま ーLiving God- aka [Kumari]



ナマステ




男の子のクマリ「生き神さま」もいるんですねー!

わたくし 勝手に 女の子だけかとおもっていました…


インドラジャトラのお祭りのときの写真だそうです

こちら↓


ヤホオのスライドショウに飛びますー





仕込みが終わると 晩ご飯を食べながら 

パソコンをひらいて メールチェックをしたりする間 

メッセンジャーをオンラインにしておきます


すると ネパールの友人やらと タイミングがあうと

チャットすることが多いのですが

ネパール人とは 普段「インチキ独学ネパール語」で会話するわけですが

文字を打たなくてはならない チャットでは 

ラテン語表記?の仕方がわからないので

結局英語で チャットとなります…


そんなに英語もお互い得意ではないので

めんどくさくなると 

スカイプしよー(電話のように話せますからね!)っと

なるわけですが…



わたくしのインチキネパール語は 耳から覚えました

ネパール語を書いたり 読んだりできないので

ローマ字風?に打つと それは通じないのです


例えば 英語で「KARAOKE」をそのまま読むと「カゥラオキー」になっちゃうように

ローマ字表記は 英語スピーカーにもネパール語スピーカーにも

伝えたい音とは 違う表記になってしまうので 理解できないと思うのです



実際 日本語の 「 ラ リ ル レ ロ 」は 

だいたい「 RA RI RU RE RO 」とローマ字表記しますが

日本語で発音すると 英語の RA RI RU RE RO とは違う読み方(発音)をしているので

英語ネイティブには なんでそんな読み方になるんだ?って…

たぶん 普段の日本語発音のラリルレロは R でも L でもないんだと思うのです

その中間でしょうか?



はて? 

ローマ字表記って なんのためにあるんだろか?




「ラムロ チャ!」 

上のネパール語 カタカナで書くと簡単なのですが…

それはいったい ラテン語表記にすると

ramulo cha なのか

lamlo cha なのか

はたまた lamuro cha なのか

ramro cha?


ムーーーーーーーー

わからんっ!

っと なってしまいます…





あ やばい…

なにを書いてるのか 書きたかったのか

わからんくなってきました…


いつものことですか?



そういえば さっき「わたしって いま何歳だっけ?」っと

自分の年を一番下の妹に聞いて ふきだされました




結論からいえば ローカルクマリには 男の子もいるんだよ

ってことを 発見したのと

はて ローマ字っていったい何のためにできたものなんだ?ってこと

ローマ字習う前に ラテン語表記に統一すればよかったのにね…

ってことなんでしょうかね? きっと。




では ナマステ

フェリ ベタウンラ

















posted by ヒマラヤの詩 at 01:06| 長野 ☀| ネパールの風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒマラヤの詩

Ason Spice-Market