2017年11月10日

ご来店 ありがとうございましたーーーっ



みなさま ナマステ〜(^人^)

遠くから近くから ご来店いただいた皆みなさま ありがとうございました!

また12月の中旬すぎの営業再開からもどうぞよろしくお願いします

最後の日にいらしたお客さん方のなかで 気が付いた方がいたでしょかー?

実は 入り口のドアのガラスにカワイイくまさんの手形がペタペタとついていたのですよ

image.jpg

さてさて なんだか 毎日 緊張の日々からお休みに入ると 急にタガが外れた樽状態の気持ち

ずっと 犬小屋につながれていた鎖が切れた犬(猛烈に駆け出したいけど駆け出していけないのはよく知っているってゆう犬の状態ね)のように ちょっと気持ちが ふわふわしていて しかし

「 アレもやらなきゃコレもやらなきゃ あー ソレも忘れないよにしないと…」っと 頭ばかりがあさっていて身体がついてきません

今日はやっと 玄関周りに やっぱり今年も増やしすぎた 小さな鉢植えたちを あるだけのプラスティックの鉢に植え替えて みんな 店内の日当たりの唯一いい台の上に仕舞い終わりました 大集合です

営業再開までの 暖房をつけない厳しい寒さに じっと耐えてもらいます

今年はお日さまが ほんとーにかなしくなるほどに なかなか出てこず (こんなにお日さまを待ちわびた年はなかったね…)

それでなくても わっさーっと森の茂っている間は 木漏れ日でやっとこさ頑張っている鉢植えたちが

さらなる長雨とお日さま不足に悩んでいました

唯一 「あんたたち なんか元気だねぇー 」と声が出たのは メダカ鉢に浮いているホテイアオイ(いつも通りお花は咲かずでしたがどんどんでてくる葉っぱが超立派だった!)と GWを過ぎた頃に大きなトラックで 埼玉の方から はるばる お花を売りに来るおじさんに「いっぱいお花を買ってくれたからこれオマケにあげるよー」っともらった名前も知らないお花だけでした

庭の何種類もある苔たちも 雨はいっぱい降ったけど やっぱり陽射しとのいいバランスが必要なのねー

元気がない感じでした

大きな火鉢にいれていたメダカさんも小さな水槽にお引越し 2匹だけのこじんまり世帯です

相変わらず 庭には イノシシが夜な夜な来ています

あちこち耕したように地面をひっくり返し レンガをペロッとひっくり返し

駐車場の大きな丸太をごろっと転がして動かし ミミズを食べているようです

目撃した近所の人の話では 相当大きいらしい…そりゃ 聞こえてくる鼻息が凄いもんな…


うちの猫さんたちは せっせと洗濯物を干すのを手伝ってくれたり シーツを引くのを手伝ってくれたりします

おとといは リサイクルに出す ダンボールをしばる紐の先っちょを ダンボールをきれいに重ねていた ちょっと目を離した隙に サッっと咥えてとおーーくまでひっぱって持って行ってくれて 気が付いた時には10mくらいでてますた…巻き直すの大変だからね…(´・_・`)

洗濯物は長いズボンの紐がでてると 誇らしげに背筋伸ばして尻尾をピンとまっすぐ上に立てて 咥えて持っていきます (えーそうです…持ってくけど持って来ません…)

まだたたんでいない 乾いた洗濯物の山にそれはそれは楽しそうにダイブします(特にバスタオルの山が好きです)

ベッドメイキングをしていると シーツを広げた瞬間 ものすごく深妙な顔で シーツが着地するその一瞬を見極めて なるべく素早く(って絶対思ってる)シュッと両手で シーツの端っこをおさえてくれます

それか フワッとシーツが宙を浮いている間に ササッと忍者のごとく素早くベッドのど真ん中に走り込み シーツの中に居座ります

お手伝いありがとう


そんなほんわかした時間を楽しめる余裕の日々です



image.jpg
↑こちらは11月1日(水)」に臨時休業してお手伝いしてきた「越水 どんぐり祭り」のフリーマケットにだした「木いちごのマシュマロ」です
フリマの係りの人から「おいしいおいしいってお客さんが言ってバカ売れだったよー!」と完売の報告をもらって嬉しかったのです なので 冬シーズンにも作ろっかなーっと思っています

image.jpg
↑こちらは 一回雪を被るとさらにノリが出て美味しくなるとゆう野沢菜
フェヌグリークとクミンと炒めたらもう箸がとまらない美味しさでしたよ
年がら年中 手に入るといいのになー…


明日から またグンと寒くなる予報かな…

みなさま ご自愛くださいませ〜

では ナマステ〜(^人^)


posted by ヒマラヤの詩 at 22:36| 長野 | 日々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒマラヤの詩

Ason Spice-Market